子宮頸がん検診を受診される方へ

子宮頸がんとは

宮頸がんとは

子宮下部の子宮膣部と呼ばれる部分から発生するがんです。
子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察での観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく、良い経過をたどりやすいがんです。しかし、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要と言えます。

子宮頸がんの発生の多くに、ヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)の感染が関連しています。HPVは、性交渉で感染すると言われているウイルスです。子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されることが知られています。ただ、HPV感染そのものは稀ではなく、感染しても、多くの場合は症状の無いうちにHPVは排除されるようです。HPVが排除されずに感染が続くと、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。
また喫煙も、子宮頸がんの危険因子であることがわかっています。

子宮頸がんの症状

初期にはほとんど症状が無い病気です。
異形成(いけいせい)というがん細胞になる前の細胞の状態を経てがん化することが知られており、がん細胞に進行する前に、正常でない細胞(異形細胞)の状態を"細胞診"という検査で見つけることができます。

つまり、無症状のときから婦人科の診察や集団検診などで早めに発見することが可能なのです。 尚、例外的に性交時にわずかな出血の見られることがありますが、これは初期症状として重要ですので、もしも出血を見たような場合には、婦人科を受診してください。

子宮頸がんの検査方法

まずは問診です。初潮年齢や月経の様子、妊娠・出産経験の有無、月経の状況、自覚症状の有無などについてお聞きします。
次に内診です。内診台に上がり、頸部の状態を目で見て確認(視診)し、腟鏡で子宮膣部の状態を観察します。内診では、子宮の形、大きさ、位置、表面の状態、炎症の有無などを確認します。

続いて行うのが細胞診です。やわらかいヘラやブラシのようなものを腟に挿入し、子宮膣部の粘膜を軽くなでるようにしながら採取します(PAPテスト:子宮膣部の細胞を擦り採って行う顕微鏡検査)。稀に少量の出血を見ることはありますが、痛みはほとんどありません。 細胞診の結果待ちを含めて、2週間ほどで検査結果がわかります。

医院概要

所在地
〒104-0052
東京都中央区月島1-8-1アイ・マークタワー203
電話
03-3534-0803
最寄駅
月島駅・勝どき駅
※東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線
「月島駅」7番出口より徒歩1分
診療時間
日祝
9:30~12:00 - -
14:00~17:00 - - -

※土曜は9:30~12:00
休診日:水曜・日曜・祝日

※初診・検査・妊婦健診の診察受付は午前・午後共に上記最終時刻の1時間半前までとなりますこと、ご了承願います。 ※初診の方や、診察・検査内容によってはお受け出来ない時間帯もございますので、詳しくはお電話にてお問合せ下さい。 ※土曜日診察ご希望の方は来院前に必ずお問合せ下さい。ご予約の状況によっては予約のない方の診療はお断りさせて頂くことがございます。 ※電話でのご予約は診察受付時間内のみの受付となります。

ACCESSMAP